読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

triumph toe steel

森羅万象、すべての物事には意味があり、大切な役割がある(はず)。

 

栗のトゲトゲにだって意味はある。「お前になんか食われるもんか!」という栗の意思表示だ(と思う)。

 

ブーツのつま先のちょっとしたディテールしかり。この、ちょっとしたディテールが心にささり、購買欲に火をつける。Light My Fire.

 

日本が世界に誇る靴メーカー、CLINCH(クリンチ)のエンジニアブーツのつま先に付いている鉄のパーツ。とても気になる。

f:id:hynm_akillakojima:20140304161523j:plain

すぐに、CLINCHの生みの親、BRASSの松浦氏に問い合わせてみたところ、「トライアンフ・スチール」と呼ぶことが分かった。

 

じゃあ、トライアンフスチールの役割はなんなのか?

一般的に、ラバーソールに比べてレザーソールのほうが消耗が早い。そこで、レザーソールのつま先部分に、このトライアンフスチールを埋め込むことで、ソール、特につま先の減りを軽減してくれる。ともて機能的だ。なにより、クラシカルな面構えが心に刺さる。

 

細部にまでこだわったCLINCH(クリンチ)のブーツ。長いお付き合いが期待できます。